「新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング」を読みました

 昨夜購入した豊島先生の新著、「新MT4対応ライブラリによるメタトレーダーEA実践プログラミング」を早速読んだので感想です。
 今回の内容は、一通り基礎を学んだ人が初心者から中級者へステップアップするのための内容でした。EA開発初心者と中級者の違いは、自作関数を作って使いこなせるところにあると私は考えています。この本では豊島先生の作成した関数を参考にしつつ、一般的なロジックを作成しながら覚えていけます。一通りプログラミングの基礎を覚えたけど、まだ自力でEAを作成する自信が無いという方は、是非この本を読んで次のステップに進んで欲しいですね。

 中級者以上の方にとっては、本書の内容は復習程度にしかならないでしょう。しかし付属のライブラリは参照しておいて損はありません。特に決済関数にエントリーシグナルとエグジットシグナルを渡し、同時にシグナルが出ていた場合は決済しないことで、決済後の即エントリーを回避する方法は目から鱗でした。この処理は非常に巧いやり方で、私もこれまで見たことが無い方法でした。

 MQL4プログラマーであれば豊島先生の本はチェックしておいて損が無いので、是非読んでみて下さいね。

arrow_upward