AtomでMQL4プログラミング

 Atom用のパッケージに「language-mql5」があったので紹介します。language-mql5はAtomでMQL4/MQL5を書く際に、関数や構文にシンタックスハイライト(色分け)を付けてくれるパッケージです。名前がlanguage-mql5ですが、MQL4にも対応しています。language-mql5  一日使ってみたところ概ね良好です。ただしインスタンスを作るときに若干色がおかしくなりました。

sample = new Sample();

 このようなコードを書くと、なぜか左括弧が緑色になってしまいました。コード書くのに問題ではないのですが、ちょっと気になります。(バージョン0.9.0で確認)
 シンタックスハイライトはこのパッケージでなんとかなるのですが、関数名の補完や構文チェックはやってくれないので、「autocomplete-mql4」みたいなパッケージが欲しいですね。あとはコンパイルをどうやって実行するかも問題です。

 Macではメタエディターが使いづらいので、なんとかAtomでMQL4を書きたいのですが、問題は山積みです。

 ちなみにこのサイトはAtomで作っています。

arrow_upward