開発環境の準備

まずはEA開発に必要な環境を準備しましょう。
開発環境に必要な知識も紹介します。

mq4ファイルとex4ファイル

 そもそもMT4には2種類のファイルが存在します。 拡張子が.mq4のソースコードファイルと、拡張子が.ex4の実行ファイルです。mq4ファイルはEA・インジケーターの処理内容が書かれたファイルです。ex4ファイルは実際にMT4でEA・インジケーターを動作させるのに必要なファイルです。  mq4ファイルを「コンパイル」するとex4ファイルが生成されます。mq4ファイル自体はMT4でEA・インジケーターを動かすには必要はありません。 ex4ファイルさえあればEA・ インジケーターを動かすことができます。また、逆にex4ファイルからmq4ファイルを生成することはできません。そのため市販されているEAは拡張子が.ex4であることが多いです。EA開発ではプログラムを書いてmq4ファイルを作成することとなります。

コンパイルとコンパイラー

 mq4ファイルは人間が理解可能なプログラミング言語で書かれたファイルです。しかしこのままだとMT4は処理の内容を理解することができません。そこでmq4ファイルを「コンパイル」することでMT4が理解可能なex4ファイルに変換します。
 コンパイルするためのソフトをコンパイラーと呼びます。MQL4プログラミングではメタエディターがコンパイラーとしての役割を果たしています。
 コンパイラーとなるメタエディターが無いと、プログラムを書いてもex4ファイルを生成してMT4で動作確認することができません。そのため、EA開発にはMT4とメタエディターがインストールされたパソコンが必要となります。メタエディターはMT4をインストールしたときに一緒にインストールされますので、MT4さえインストールしてあれば大丈夫です。

MT4をインストール

 EA開発を始めようと考えてこの記事を読んでいる方は、すでにMT4をインストール済みかもしれません。その場合はこの先の話は読み飛ばしていただいて大丈夫です。まだMT4をインストールしていない、もしくはMT4のインストールがまだ不慣れな人向けにインストール方法を解説します。

 最初にMT4をインストールする場合、大きく分けて2つの選択肢があります。1.MT4を提供しているメタクォーツ社のサイトからダウンロードする。2.取引ソフトにMT4を採用しているFXブローカーのサイトからダウンロードする。
 私のオススメは断然後者です。後々解説していくこととなりますが、MT4はブローカーごとに若干の癖(桁数の違い、通貨ペア名の違いなど)があります。最初のうちは全ブローカーに対応したプログラムを書くのは大変ですので、実際に利用予定のブローカーからMT4をダウンロードして進めて行くのをオススメします。

arrow_upward